HOME | サービス案内 | サポート   

 サービス案内  

e-見積


e-見積とは、見積部門とサプライヤとの間で、部品の単価情報を共有するためのサービスです。e-見積では、人や紙で管理していた部品の見積情報とその履歴をデータベース化してエレクトレード上で管理できます。

見積依頼データベースへ、見積が必要な部品の条件と見積依頼先の条件を登録することで、設計部品表から各部品代理店への見積用部品表を自動生成できます。また、各部品代理店からの回答も見積回答データベースに保存されるため、 見積依頼時に行う、過去の部品見積回答の反映や回答状況の確認などの業務を 効率化することができます。これによって、見積業務の工数やミスを削減でき、受注から生産までのトータルスピードが向上します。

基本機能

見積依頼側
  • 人間系で判断する部品と代理店の関係をシステム化できます。
  • 過去実績の管理と、見積の必要性の判断をシステム化できます。
  • 依頼中の回答状況をシステム的に管理できます。
  • 通知、催促、再依頼といった業務をシステムの機能で行えます。
  • 見積結果を検討し、部品表を完成させる作業をシステム的に行えます。
  • 過去の実績を基に代理店の選定基準をルール化し、効率よく目的にあった見積ができます。

部品代理店側
  • 見積依頼をメールで通知するため、社外からでも素早く対応できます。
  • Webブラウザのみで、設備に費用をかける必要がありません。
  • 過去実績の蓄積により、前回の内容をシステム上で確認できます。
  • 自社システムへの入力に必要な、CSV出力が可能です。
  • お客様(見積依頼側)へのサービスアップとして期待できます。

・見積情報のデータベース化

見積部品表
基板単位の部品表を、見積部品表として管理します。見積部品表単位で、過去の見積回答の反映や、見積回答状況の確認を行えます。また、見積回答結果、代理店情報をデータベース化して管理します。


・回答内容の確認(部品代理店側)

回答内容の確認(部品代理店側)
見積回答側では、過去に回答した結果を一覧で確認することができます。また、回答結果をCSV出力することもできます。


料金について


   e-見積 \1,200,000-    

e-見積は、Collaboration Director(以下C.D.)上で動作するシステムですので、C.D.のご契約が必要となります。C.D.のサービス内容についてはこちらをご覧ください。また、C.D.の料金については次のとおりです。
   Collaboration Platform基本キット (Named 5ID/1年間) \3,600,000-    
   Collaboration Platform基本キット (同時5ID/1年間) \4,800,000-    
   Collaboration Director(C.D.)利用ID追加 (Named 1ID/1年間) \120,000-    
   Collaboration Director(C.D.)利用ID追加 (同時 5ID/1年間) \1,800,000-    




  お問合せ、ご利用環境についてはこちら サポートセンター

Copyright(c) 2001-2020 ZUKEN Inc. All Rights Reserved.